はい、仕事真っ最中なわけですが。(挨拶

いや、ちょっと休憩ですよ、休憩。

ホントはね。
細々としたモノを、とっとと片づけたかったんですが。
この時間になっても終わらないって、どういうことっ!?
決して効率が悪いわけじゃないと思うんだけど…。

あーもー。
早く終わらせて、次にやりたいことがあるのにー。
時間がどんどん過ぎていくー。
というか、眠くなっていくー。

んなわけで。

明日の朝が、無事迎えられますように。


  ふと、煙草が吸いたくなって。
  外に出てみると。
  月が顔を出していて。
  半分欠けた月。
  その月を、ぼんやり眺めながら。
  煙草に火をつける。

  あぁ、そういえば。
  あの頃も、よくこうやって。
  近くの公園のベンチに座って。
  人気が消えた街並みを歩いて。
  月や星を眺めたりしたっけ。
  でも、あのときは。
  こんな気持ちじゃなかった。
  
  まるで、今見えている月のような。

  確かに、ある。
  いや、あった。
  でも、今はない。
  いや、見えないだけ?
  
  いっそ、満月だったら。
  こんな気持ちに、ならなかったのかもしれない。

  半分欠けた月の、淡い光に。 
  彼女の形見の指輪が、少しだけ光る。  

  そんな夜。
  


不定期更新・管理人のおすすめ曲
「Half Moon」
from『Pearl』
Janis Joplin

2007.01.27